折り紙講座を受講して先生に

カルチャースクールの折り紙講座を受講して、先生になったという方がいます。

折り鶴

私の友人のお母様なのですが、70歳とは思えないほどにおしゃれな方で、時間を持て余していたのでカルチャースクールへ通うことにしたのだとか。

始めは当然、先生の下で折り紙を習っていたようです。
それがいつしか、自分が先生になって折り紙を教えるようになってしまったのだとか。

その方が通っていたのは、自治体開催のカルチャースクールで、とても安い受講料で折り紙を習うことができたようです。

ですから、当然、その方が先生になって、もらえるお金はお小遣い程度だと言っていました。
ただ、暇つぶしに始めたものなので、それほど収入に繋がらなくても良いようです。

そして、その方は、飲食店に飾るインテリアなども、注文を受けて折り紙で作るようになったのだとか。

ひな祭りのときにはお雛様を折り、子供の日が近くなると折り紙で鯉幟を折って、額縁に入れて渡すそうです。
収入を得ようと始めたものではなく、近所の顔見知りの飲食店の方々が、折り紙で作って欲しいと頼んでくるようになったのだとか。

カルチャースクールの講座は趣味で始めるものが多いと思いますが、趣味が転じて職になる場合もあるのだと感じています。

このページの先頭へ